渋滞の時に事故が起きる

よく知られていませんが、実は渋滞の時に事故が起きているようです。
渋滞は多くのドライバーの集中力を下げてしまうもの。
それを考えれば渋滞は避けたいものですが、なかなか渋滞にはまてしまうと抜けることは難しいですよね。
では、そんな「渋滞」の中で起きる事故について考えていきましょう。
実は、渋滞の時に事故がけっこう起きているのです。

★渋滞の間は、どうしても集中力が鈍る
ながく渋滞が続くと、どうしても集中力が鈍ります。
長く列が動かないと、どうしても苛々したり腹立ったりしますよね。
そういう時に、事故がおこりやすいのです。
例えば、ちょっと列がすすんだと思ってアクセルを踏んだら、踏み過ぎて衝突してしまったとか。
中には、渋滞の列に突っ込んだというニュースもありました。
渋滞ともなると、車がたくさん連なっているので、どこかで事故が起きると本当に危ないですよね。高速のインターチェンジで事故が起きることもあります。
渋滞だと、ひとつの事故が本当にいろいろな人を巻き込む可能性がありますので、それはすごく厄介ですよね。
集中力が鈍っているからこそ、本当に気を付けなければならないのです。

★事故は命に係わることもある…!
当たり前のことですが、こうした事故は時として人の命を奪ってしまう可能性がありますので、注意をしなければなりません。
楽しい連休が、もしかしたらとんでもない悲劇になってしまうかもしれないのです。
こういったことがないように、運転をする側は本当に気を付けて運転をしなければなりません。
運転に疲れたから交代しようとして外に出て、その間に轢かれてしまうということも考えられるのが渋滞です。
こういったことが本当にあったら、それは本当に怖いですよね。
渋滞は、それ自体もすごく大変ですが、万が一のことを考えて行動をするのも疲れます。

★渋滞はできれば避ける方向で
渋滞を避けるのはとても難しいことですが、工夫次第で避けることは可能です。
例えば、日にちをずらすことですね。渋滞する日は大体解っているので、その日は避けて行動することで、ある程度は避けることができます。
また、公共機関を利用することも考えてみてはいかがでしょう。
公共機関も混雑しますが、先に予約をとっておけばスムーズな移動も可能なので、ぜひおすすめしたいです。
お金はかかりますが、公共機関の方がストレスもなく移動できる可能性が高いですよ。
渋滞の対策としては、やはりこれが一番です。無理に車で移動をしないこと、これを心がけていきましょう。

★それでも車を使う場合は、十分な対策をして出かける
公共機関を利用すれば渋滞は回避できますが、それでもやはり子供が小さかったりすると車のほうが移動が楽なときもありますよね。
その場合は、十分な対策をして出かけましょう。
車に乗る場合には必ず自賠責保険に加入が義務付けられている他、任意保険にも加入することで自賠責保険の補償内容をカバーすることもできます。
任意保険って何に入ればいいの?と迷う方も多いと思いますが、基本的には以下の補償がついている保険へ加入しましょう。

初めて自動車保険に入るときは、対人・対物の補償を「無制限」としている任意保険への加入がおすすめです。
強制加入の自賠責保険もありますが、自賠責保険は対人賠償のみが付帯されており賠償額も最高で4,000万円までしか補償されないため、事故の程度によってはカバーしきれません。
自動車の補償を付帯しておかないと、単独事故の修理代などが自己負担になってしまうため、車両保険への加入も併せて検討するようにしましょう。
引用*自動車保険選びに役立つ!【オリコン顧客満足度】

任意保険にもたくさんの種類があるので、迷ってしまいますよね。
まずは自分の車の使用頻度などに合ったプランを選択して、少しでも安い保険料で加入できると一番いいので、見積もりをして検討してみましょう。
事故は起こさないのが一番ですが、リスクヘッジをしておくことも大切です。

SLjyu7uK posted at 2015-10-24 Category: 渋滞ニュース